婚期を逃してしまう女性の共通点

女性が結婚する平均年齢は30歳前後だと言われています。最近は晩婚化の傾向もあり、数年前と比べると初婚の平均年齢も上がってきてはいますが、やはり30代になって結婚の気配がないと女性は皆焦り始めるものです。

また、女性は出産リミットというものもありますから、結婚は早いことに越したことはないですよね。そんな心配もあって、これからのことを考えたら、やはり「このまま婚期を逃してしまったらどうしよう…」と不安にもなってしまうでしょう。

今回は、婚期を逃してしまう女性の共通点についてまとめています。まだ結婚の気配がなく、不安な思いを抱えている人はぜひ参考にしてみてください。あなたは以下のような点に当てはまってはいないでしょうか。

男性の理想が高すぎる

結婚できない人はなぜいつまでも相手を見つけることができないのでしょうか。出会いがない人は確かに結婚も難しいかもしれませんが、男性との出会いがそこそこあっても結婚を決められない女性もたくさんいます。

出会いがあっても結婚まで至らないことが多い女性は、皆理想が高すぎる傾向が強いのです。結婚相手の男性にあれもこれもと良い条件ばかりを求めてしまい、どんな男性もいまいちに思えてきてしまうところがあります。

確かに安易に結婚相手は決められるものではありませんが、あまりに高望みしすぎてしまうのも問題ですよね。いつまでも自分を結婚できないドツボにはまらせてしまう原因を作ってしまいます。譲歩できない条件はいくつかに絞って相手を探せるのが一番ですね。

仕事中心の生活を送っている

近年は女性も非常に社会に進出しやすい世の中になりました。男性と肩を並べて管理職に就く女性もとても多いですし、恋愛そっちのけで仕事にいそしむ女性はとても増えてきていると言えるでしょう。それだけ女性も仕事にやりがいを感じられるようになったのが現代社会なのです。

仕事中心の生活になると、やはり婚活をする時間を満足に持てず、大事な婚期を逃してしまうことが多くなります。男性もよく仕事に夢中になりすぎて結婚がおろそかになってしまっている人がいますが、近年では女性にもその傾向は多く見られるものです。

周囲に未婚女性が多い

結婚に焦り出すのはなぜかと言えば、やはり周りの友達や職場の人が結婚や出産を経験していくからです。それまで自分ではほとんど結婚を意識していなくても、結婚式に出席する機会が増えたり、友達の赤ちゃんを見たりなどすると、途端に結婚への願望が強まるものです。

ですが、周りにたまたま未婚女性が多かった場合はどうでしょうか。結婚や出産への焦りは自然と薄くなりがちですよね。周りがまだ結婚していないからこそ、「まだ大丈夫」という油断が生まれてしまうのです。

また、周囲に未婚女性が多いと一緒に飲みに行ったり買い物に行ったりすることもますます増えていくため、どんどん男性との出会いに目を向けられなくなってしまいます。すると気が付いたときには婚期に差し掛かっていて…ということが、よくあるのです。

経済的に自立していて、お金に余裕がある

人が結婚したい理由の一つとして、精神的・経済的な心細さから結婚を望む傾向はあります。特に経済状況があまり豊かでない女性は、男性と一緒になることで精神的にも経済的に余裕が持てることを期待してしまうものです。

ですが、経済的に自立していて、お金に余裕がある人は少なくとも「助けてもらいたい」などと考えることはないですよね。自分でなんとかやっていける力があるということは、男性にも自然と頼らなくなるのです。

自立は毎日の充実感も与えてくれるので、しばらくは結婚できなくても毎日を楽しめてしまうところもあります。そのため、つい結婚を先送りしてしまい、大事な婚期を逃してしまいがちになってしまうのです。